リノベーションとは?

リノベーションという考え方

リノベーションという言葉は1990年代後半から多く用いられるようになったようです。
先述の通り、リノベーションの基本的な意味は「修理をして改良すること」にありましたが、近年用いられているリノベーションという言葉には、単なる改修工事ではなく、それによって様々な付加価値をつけるという考え方が暗黙のうちに含まれているようです。
様々な付加価値とは、具体的に、地域性・経済性・環境性などの要因に関連するものが望まれます。
例えば、地域に根付く何らかの工夫が施された設計をしたり、低コストでの改修を可能にする素材を利用したり、環境に優しい生活のための仕掛けを施したりすることが、近年のリノベーションには期待されているのです。

「一から建て直すよりも効率的で、さらなる付加価値を生み出す改修工事」という考え方こそがリノベーションの基礎にあるのだと思います。

リノベーションの魅力

リノベーションを成功させるには、リノベーションの良さを理解した上で取り組む必要がありますので、その魅力について考えてみましょう。

もちろんたくさんあるとは思いますが、今回は大きな魅力を2つを紹介します。
1つ目は、新築物件に比べて費用が抑えられるということ。
駅の近くや住宅街など、利便性の高い地域で新築物件を購入しようとするとかなりお金がかかります。
それに比べてリノベーションでは中古物件を改良するため、リノベーションの際のコストを抑える工夫をすれば新築よりもかなりお安く快適な住まいがゲットできるのです。
2つ目は、自分好みの空間が手に入れられること。
新築物件やマンションでは基本的に購入時にはすでに間取りが決まっていますよね。
リノベーションの場合は違います。
自分の生活スタイルに合わせて空間をカスタマイズでき、自分の生活に最適な間取りを作り出すことができます。


この記事をシェアする