リノベーションの進め方

中古物件を見つける

中古物件のリノベーションの第一歩は、まずリノベーションする中古物件を見つけることです。
当たり前のことのようですが、ここで立地や大きさなどをよく考えて決定することが重要です。
中古物件であれば利便性の高い地域にもある程度の価格で残っている場合があるので、妥協せずに希望の立地・広さの物件を探してみましょう。

そして、お気に入りの中古物件を見つけたらそれを契約して購入します。
この時に一括で費用を支払わない限りは住宅ローンを組んで払っていくことになると思うのですが、最近では中古物件のリノベーションが流行しているおかげで、住宅ローンとリフォームローンが一緒になっているのものあるようです。
この場合、リノベーションのための費用をリフォームローンとして組むことが可能です。
それらのシステムも有効利用すると良いでしょう。

中古物件をリノベーション!

リノベーションしたい中古物件を見つけたら、次はリノベーション業者探しです。
近年、リノベーション業者は増えてきているようですから、自分の条件にあった業者が見つかるでしょう。
要望をきちんと伝えて見積もりをしてもらい、その金額や口コミなどを総合的に判断して決めます。
その後は実際にリノベーション作業に入るわけですが、作業中の工事現場を見学することができる場合は予定が合えばぜひ行ってみましょう。
進捗状況が自分の目で見てわかるのは安心ですし、見学の際に気になることがあれば聞いてみると良いと思います。

また、かなり大変ですがセルフリノベーションというものもあります。
簡単に流れを説明すると、まず壁・天井を必要に応じて撤去し、床の調節を行います。
その後配線を整備し、希望の区割りになるように壁・天井の改修をします。
パテ・ペンキで壁・天井を整え、床もお気に入りの素材を貼るなどして整えれば大方完成です。


この記事をシェアする